×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

このページの説明は医学的な根拠に基づいたものではありません。
よってこれから始めようと考えている方はココで紹介している健康法も含めて
全て自己責任で、お願いします。



オナ禁と性欲


ここではネットで記載されている文章や科学的調査などの記事を自身の体験談から
振り返って考えてみたいと思い作成致しました。
性欲を消すやり方でのオナ禁は果たして良い結果を招くものなのでしょうか。

オナ禁と性欲は切り離す事の出来ない関係である以上「性欲」についても
取り上げる必要があると考えられます。

・セックスの回数と長生きの関係

イギリスでこんな調査が行われました。
45歳から59歳までの918人の男性を10年間調べたのですが、セックスの回数が多い人ほど
死亡率が低かったのです。(1997年発表)

性格にはセックスの回数ではなくて「性的興奮の頻度」を尋ねているのですが、だいたい同じようなものでしょう。
この調査では、調査対象男性の「性的興奮の頻度」を3段間に分けています。
一ヶ月に一回も性的興奮のないグループ、一週間に2回以上のグループ、その間のグループです。

すると、性的興奮のほとんどないグループの10年後の死亡率は、性的興奮の多いグループの2倍である事が判明したのです。
つまり、しょっちゅう性的に興奮して性行為をしっかり続けている人のほうが長生きするということが科学的に証明されたのです。

体験談から学んだ見解
性欲を落とす形での長期オナ禁により性的興奮が少なくなると、行動の意欲や生きるための力という
ものが実際に失われてしまいました。
精神的な感情の乱れは少ないものの、何かがほしいといった欲自体が性欲の低下と共になくなる事が分かりました。
性欲=欲望  その性欲自体をなくしてしまっては普通に生活する上では大変なマイナス効果が生じてしまいます。


・元気なおじいちゃんがエッチな理由
中高年になると精力が衰えてしまうのはオトコに取って避けられないものなのでしょうか?
結論からいえば老化が防げないのと同じで精力の減退そのものを完全に避ける方法はありません。
人間の性欲を左右する男性ホルモンは、20歳頃をピークに、どんどん低下していきます。
それは、精液の製造が少なくなっていくのと、比例しているのです。
ただし大事なのは精力はゼロにはならないということです。

男性ホルモンの分泌は歳とともに低下しますが、性欲がゼロになることはないと考えられています。
70歳、80歳過ぎても、セックスするだけのホルモンが分泌されるのです。
その証拠にあなたの周囲にも、70歳、80歳を越えても顔色つやつや!元気いっぱいのおじいちゃんがいるはずです。
そして、そんなおじいちゃんに限って、エッチな話が大好きなはず。そういった人は、ほぼ例外なく、性欲も旺盛なのです。
ですから私たちは、そういう人の生き方に学ぶべきでしょう。

高齢でも精力旺盛な人は、日常の中でじょうずにストレスを発散しています。
規則正しい生活習慣を守り、適度な運動をしていて、食事も滋養のある栄養バランスの取れたものを食べているでしょう。
そしてよく頭を使っているはずです。
言ってみれば、このようにごく普通の生活を心がけていれば、精力減退のスピードをゆっくりしたものにすることが出来るのです。
まさに「健康は心身の健康パラメーター」なのだと言えるでしょう。

体験談から学んだ見解
私の身近にいるお年寄りも性欲が旺盛な人ほど活発的で行動力があります。
昔の話を他人伝いに聞いたりする事もありますが、浮気経験なども多いようですね・・。
セックスと長生きの関係と元気なおじいちゃんの関連性も高いように感じられます。


・うつ病と性欲の関係性
(体験談、女性)
うつ病になって10年以上経ちますが、年々性欲が減退し、最近では全く性的なことに
興味がなくなり、結婚して3年になる夫との間に深刻な溝が出来ています。
性欲減退は本当にうつが原因なのでしょうか?

(体験談、女性2)
私もうつ病と診断され、投薬を受けています。
新婚ですが、性欲はなくなる一方です。
うつ病以外にも、経口避妊薬なども性欲減退を引きおこす事があるらしいです。

(報告)
うつ病の症状として一般的には、性欲がなくなる事が多いようです。
ただし、通常の抗うつ剤は性欲を増長させる事が多いようです。

(報告2)
うつ病が原因という可能性は大いにあるでしょう。
うつ病になるとあらゆる意欲が低下しますからね。
食欲もここ数年でないのであればうつ病が原因と思って間違いがないでしょう。

体験談から学んだ見解
うつ病は男性に限らず女性までも性欲減退の症状が表れやすいようです。

うつ病までとはいかなくても、落ち込みや悲しみの状態が長いと
性欲は減退してしまいます。
落ち込みの状態は長期オナ禁においてはあまり見られませんが、
オナニーによる射精のしすぎ時によく見られます。

ここで違いを説明しておきたいと思います。

(体験談)
長期オナ禁による性欲減退 症状
冷静になれる、感情の乱れが少ない、小さな事に幸せを感じる、思考能力上昇、
意欲、やる気の低下、行動力の低下、女性化、日数が経つほど性欲低下、女性に興味がなくなる。
生きる気力の低下、死をそれほど恐れなくなる

オナニーのし過ぎによる性欲減退、症状
やる気の低下、顔色が悪くなる、体がだるくなる、思考能力低下
意欲、やる気の低下、行動力の低下、対人恐怖、落ち込む事が多くなる
日数が経てば性欲増大(回復)、興味がなくなるのは射精後のみ、時間が経てば回復する。


★両者とも違いはかなり見られますが、共通するものとして主にやる気や意欲の低下が上げられます。

対策
うつ状態やマイナスの感情が大きくなると性欲の低下はほぼ起きてしまいます。
それを防ぐ手段としては、性欲の低下を感じた場合には

生活習慣改善から始めると良いかも知れません。
・食事 ・睡眠 を気を付けるだけでも随分変わります。

さらに性欲を高めるやり方でのオナ禁を行えばこういった感情に大きく捕らわれる事も少なくなります。


・デキる男(英雄)は糖尿病、高血圧、心臓病とは無縁

性欲減退には、生活習慣病の広がりも無視できないものがあります。
なかでも代表は、日本人の国民病といわれる「糖尿病」です。
予備軍を含めると日本人の3人に1人がこの病気におびやかされているのです。
糖尿病は簡単に言えば、血液中の糖分(血糖)が高まり、カラダ全体に悪影響が及ぶものです。
血糖値が高くなると、血液の流れが悪くなり、ドロドロの血液になってしまいますから、血液の集中によって
起こる勃起に影響を与える事は言うまでもありません。

また糖尿病の症状には、疲労感、多尿、空腹感、口渇、さらには神経障害などがありますので
セックスにも悪影響をあたえます。
糖尿病だけでなく、「高血圧」「心臓病」といったさまざまな生活習慣病も精力を極端に低下させます。
逆をいえば ED(インポテンツ)や、極端な精力のおとろえがある場合、糖尿病、高血圧、心臓病なども疑ってみたほうがいいでしょう。

・性欲の衰えは仕事に影響する
性欲の衰えは仕事にも影響してきます。
体力や精力が急激におとろえるというのは、ホルモンバランスが崩れていたり、非常に強いストレスを
受けていたり、食事のバランスが極端に悪かったり、糖尿病のような生活習慣病の初期だったりすることが
圧倒的に多いものです。こういう不健康な状態では仕事もうまくいくわけがありません。
逆に精力が旺盛で奥さんをよろこばせ、ついでにたくさんの愛人までもよろこばせられるような人は
仕事にたいする意欲も持続力も驚くほど旺盛です。

「英雄色を好む」と昔から言われていますが、英雄になるほどすばらしい仕事が出来る人は
結果的に性欲も旺盛だということなのです。

体験談から学んだ見解
性欲が落ちている時はやる気が出ない事が多く、楽しいという感情さえも減少してしまうような気がします。
性欲を維持するためには生活習慣の改善や強いストレスを受けないための対策などもつね日頃から大切に
なってくるというわけですね。


・イメージトレーニングで性欲増進
男の体は、肉体が元気だからペニスも元気という単純なものではありません。
勃起は大脳中枢の働きで起こりますから、その働きを阻害するストレスに影響されるのです。
ですから、仕事がうまくいかなったり、リストラにおびえていたり、悩みをいろいろと抱え込んでいる・・
そういった環境では、元気に勃起というわけにはいかないのは当たり前でしょう。

これを逆に考えると精力増進にはイメージトレーニングが効果的だともいえます。
ペニスの勃起を支配しているのは、大脳の視床株にある性欲中枢です。
これを刺激するような情報を日常的に、意識的に送っておけば、性欲がわきあがりやすく
なってくるのです。たとえば妄想です。
男に取っては、妄想することも大切な仕事です。

性欲が減退していると、そうした妄想さえも湧きづらいものです。
ですからイメージトレーニングして、妄想をたくましくするのです。
具体的には妄想をネタにマスターベーションすることです。
また、イマジネーションでマスターベーションするタイプはインポになりやすいという事が
よく言われていますが、これは根拠のないデタラメですから、気にする必要はありません。

精子は睾丸で生産され、副睾丸に貯蔵されます。
しかしこの貯蔵庫はだいたい4〜5日でいっぱいになります。
ですから、5日も射精しないでいると、睾丸による精子の生産が中止されてしまいます。
この状態がつねに続くと、睾丸の精子生産の機能が退化してしまいます。
精液を生産している前立腺も同じです。

つまり、とたえセックスはしなくても月に最低1,2度はマスターベーションでもして
射精しておかないと、精力がだんだん弱まってしまうこともあるのです。
イメージトレーニングのためには官能小説やグラビアで想像力を高めたり、アダルトビデオを
見るのも効果があります。自分でイメージをコントロールできるようになれば、マンネリの奥さんを
いわば心の眼で見られるようになりますから、つねに新鮮な気持ちでセックス出来るようになります。

体験談から学んだ見解
以前エロ禁を100日以上した事があります。
オナ禁と同時にエロ禁を長期に渡り行うと、性欲は極端に落ちてしまいます。
実際に100日を超えてアダルト関連のものを見たのですが、まったく性欲は高まりませんでした。

エロ禁が有効なのは性欲が大きすぎてどうにもならない場合一時的に行う位が丁度良いと思われます。

性欲を低下させる目的でオナ禁をされている方はそれで良いかも知れませんが、
それ以外の方はエロ禁を性欲がどの位安定するまで行うのか注意する必要がありそうです。

また、性欲が低い状態から大きな状態に持って行くためには、常日頃から想像力を豊かにしておく
必要がありそうです。毎日アダルト片手に生活するわけにもいきませんし、自由に想像出来る分
想像の力の方が遙かに強いものがあります。


・軍隊の性欲の歴史(簡潔)
はじめに、兵士は人間であり、軍隊は巨大な人間集団である。
従って兵士を任務に服させて、軍隊が機能を保つには、兵士たちの人間としての
自然な欲求を満たしてやらねばならない。そして満たすべき欲求には
食欲、睡眠欲はもちろんのこと性欲も含まれている。

紀元前3世紀には傭兵などは、女性の獲得を目的に戦争に参加することもあったようです。
軍隊には多数の女性も同行させていた。
商人に混じって軍に同行する娼婦もいれば、遠征軍が略奪によって捕虜にした女性もいた。
そして兵士個人が女性を抱えて同伴していることもあった。
紀元前3世紀のハンニバル軍に参加したスペイン沖バレアス諸島の投石部隊は、報酬を金銭でなく
捕らわれた女性で与えるように求めていたと言われている。

なお、自国民を徴集した軍隊の場合は、兵士に休暇を与えて帰郷させるというのも、性欲処理の
一つの手であろう。たとえば、アレクサンドロスはペルシア遠征初年の冬には、新婚の将兵を
妻と共に過ごさせるよ、本国に送り返している。

中世の軍隊の性欲処理
この時代の軍隊の中核を成したのは、武装した貴族である騎士であり
彼らは礼節を重んじる独自のしきたりを形成していたが、そのようなしきたりは
互いが騎士である場合のみ通用する事があったにすぎない。
騎士達は民衆に対しては軽蔑の念を抱いており、略奪、放火など容赦は見られなかったと言う。

彼らはあらゆる機会をとらえて女性を罠にかけようとした。
その上彼らは、兵士達の狂乱が民衆に向けられても止めようとせず放置したという。

また強姦のほか、従軍する娼婦によっても兵士の性欲は満たされた。
12〜13世紀に成立した騎士パルツィファルの伝説では、戦士達のテントのそばに娼婦の
宿舎が見られたという。

近代の軍隊の性欲処理
この時代の国家は大量の傭兵を養いきれるほどの能力はなく、
傭兵隊は各地を略奪しつつ放浪することで維持されていた。
そこには当然、虐殺、放火、強姦等の残虐行為があふれかえっていた。
そして、民衆はそのような残虐行為から生命と財産を守るため、傭兵隊に
貢ぎ物を捧げざるを得ないこともあり、その貢ぎ物にはもちろん女性も含まれていた。

ただ、大量の傭兵の性欲は、強姦や貢ぎ物の女性で処理しきれるものではなく、
傭兵隊には多数の娼婦が同伴されていた。
彼女達は肉体で奉仕するだけでなく、食事や掃除、看護といった身の回りの世話もしていたという。

17世紀後半
軍隊内から兵士の妻が排除されたり、女性と親しい関係を持つのを制限されている。
だが、兵士の性欲を経つ事は不可能である。
軍隊から性行為を無くすことはできなかった。
相変わらず軍隊には大量の娼婦が群がって来たし、冬営中などに兵士が愛人を見つけても
それは脱走防止に役立つとして現場では好意的な目で見られていた。

20世紀
1914年の世界大戦においては国民大衆を巻き込んで熱狂の中
行われたため、外向的解決に見込みは無く、長期戦に陥ったが、そうなると当然
前線に押し込められた兵士達の性欲処理が重要問題となる。

最初は健康的な生き方として禁欲が推奨され、兵士は塹壕の中で自慰に
励むほか無かったものの、やがて様々な方法が採られるようになった。
まず、休暇を与えて帰郷させるという方法があった。
そして帰郷すれば妻や恋人がおり、さらには前線に夫や恋人を奪われ、留守を守って
禁欲と孤独に苦しみ女性の大群がいた。
帰休中、自分の妻以外に多くの女性と性交することは、兵士達の間では自慢の種であり
尊敬の的でもあった。
また、前線に慰安所を設けて娼婦を置くという方法も採られた。

性欲を無視した悲劇の戦争
13世紀に行われた十字軍エジプト遠征は、イスラームの軍勢に補給を経たれ
多数の病者を出して壊滅的な敗北を喫したが、当時の記録には、
これについて、女性との肉欲を経ったため多数の死者が出たと述べるものがある。
これは中世において、軍隊の性欲処理の必要性がいかに深く認知されていたか物語るものであり
非常に興味深い。

体験談から学んだ見解
まず、いつの時代にも必ず女性との性交渉との結び付きは切れない状態であったという事に注目したい。
自慰ではなく実際に女性を同伴させているという事が重要です。

20世紀に一度禁欲による生活を仕入れられて自慰に入る以外に道はないような方法も取らていたと記載されていますが、
失敗しているのには、自慰という行為に何らかの問題があったようにも思えます。

とても軍隊の性欲の歴史には興味深い物を感じられました。


トップページに戻る